カードローンの仕組み

カードローンの仕組み

普段のお金の不足時に、強い味方となるのがカードローンでの借入です。
生活費の不足だけでなく、どうしても欲しかったものを購入するなど、様々な場面で利用することができます。
消費者金融 即日融資をうまく利用することで、貴方の生活や人生も非常に豊かにすることが可能となります。

 

カードローンは、その名の通り借入専用のカードを使用してお金を借ります。
ATMやCDに専用カードを投入し、現金を引き出しします。
また、最近では指定された金融機関へ融資金を振り込むことのできるサービスも増えてきています。
電話やインターネットで振込融資を依頼すると、即座に振込を行ってもらうことができます。

 

カードローンには、利用できる「借入限度額」が設定されます。
基本的には、「借入限度額」の範囲内であれば、自由にお金を引き出すことができます。
当然、借入限度額に空き枠が無い場合には、返済を行って空き枠を設けないとカードをいくらATMに投入してもお金を借りることはできません。

 

カードローンは、通常毎月決められた返済日に返済を行います。
指定金融機関からの口座振替が一般的ですが、その他にも店頭に直接お金を持っていくなどの返済方法が準備されています。
またお金に余裕がある場合には、専用カードを利用してATMなどで直接入金を行うこともできます。
毎月の返済分とは別に返済することを「繰上返済」とよんでいます。

 

このように設定された「借入限度額」の範囲内で、借入と返済を繰り返していくのが、カードローンの利用方法です。
「借入限度額」は商品ごとに設けられており、いくら借りることができるのかは、「審査」によって決定されます。

 

カードローンは基本的に、無担保・無保証の個人融資です。
保証人を立てる立てたり、担保を入れたりする必要はありません。
逆にいえば、保証人や担保をあてにした申込みはできない、ということです。
審査においては、利用者自身の返済能力が判断されることになります。

 

カードローンとキャッシングの違いとは?

お金を借りる「融資」には、様々な商品が登場しています。
そのうちの一つが「カードローン」であり、無担保・無保証の個人融資として定着しています。
カードローンは、設けられた借入限度額の範囲内で、借入と返済を繰り返していく融資商品です。

 

ところが同じ形式の融資には「キャッシング」とよばれているものもあります。
「キャッシング」も基本的には、借入限度額の範囲内での利用を行う融資です。
「カードローン」と「キャッシング」の違いは、金融に精通している方でもすぐに説明することは難しいかもしれません。

 

この2つの融資の最大の違いは、その返済方法にあります。
本来の定義では「キャッシング」とは、借入したお金を一括で返済する仕組みのものをいいます。
借りたお金を基本的に翌月に利息を合わせて一括で返済を行うのが「キャッシング」です。

 

対して、「カードローン」は、借入したお金を分割で返済していく仕組みのものをいいます。
毎月決められた返済日に、その時点で計算された利息を合わせて少しずつ返済していくのが「カードローン」です。

 

このような明確な違いがあるのですが、現在ではこの2つの違いが非常にあいまいなものになっています。
「キャッシング」と呼ばれている融資商品でも、毎月分割返済が可能になっています。
「カードローン」でも借りたお金を一括で返済できることも可能になっています。
取扱会社や商品によって、同じ融資の仕組みでも「キャッシング」と呼ぶものもあれば「カードローン」と名のつくものも存在しているのです。

 

わたしたちが利用するにあたっては、名称の違いをそれほど気にする必要はないかもしれません。
それよりも、商品自体の中身を十分理解して活用することが重要でしょう。
金利の違いや、借入限度額の差、返済方式の確認などを、きちんと行ったうえで、自分にあった融資を選択することが大切であるといえます。